ビジネススキル ビジネスの法則

マズローの欲求5段階説を使ってターゲットがどこにいるのか考えてみよう

2020-03-08

マズローの欲求5段階説とは?

 

 

みっちゃん
マズローの欲求5段階説では、今のワシはどこにおるのじゃ!

 

マーケティングやモチベーションなどの話をするとよく出てくるのが

「マズローの欲求5段階説」

です。

 

アメリカの心理学者 のマズローが提唱したんですが、この「欲求5段階説」では、人間の欲求はピラミッドになっていて5段階に分かれているという説なのです。

この欲求5段階説が分かれば、自分の位置とあなたが聞いてほしくて発信しているのはどの欲求の人たちなのかの目安になります。

 

ターゲットの段階が分かればその段階にいる人に伝わる言葉で発信すれば、間違いなく今までよりもあなたに共感してくれます。

 

このマズローの欲求5段階説は発信していく上で重要なところですので5段階を一つずつ解説していきます。

 

みっちゃん
ワシは全てクリアしておるのではないか?
いや、ひとつもクリアしておらんぞ!
かんくん

 

第1欲求 【生理的欲求】

一番最初の欲求は生理的欲求です。

生きていくための基本的・本能的な欲求を指します。

 

たとえば「食欲」や「睡眠欲」「性欲」「排泄欲」です。

これらの欲求は人間が生きていくために欠かせないものです。

 

「ご飯が食べれるように稼がなければいけない。」

 

本当に根本の欲求です。基本的には現代の日本人は満たされている人が多いと思います。

 

第2欲求 【安全欲求】

第1欲求の生理的欲求の次は、安全・安心な暮らしがしたいという安全欲求です。

「食べる」「眠る」という生命の根本の欲求が満たされてくると次に欲しくなるのが安全です。

 

「身体を壊さずに副業を頑張りたい。」

「集中できる静かな部屋で作業したい。」

 

この安全欲求が満たされないうちは次の社会的欲求には向かいません。

 

第3欲求 【社会的欲求】

第2欲求の安全欲求が満たされると次に求めるのが社会的欲求です。

 

集団に属したり仲間が欲しいと思ったりする社会へ属することへの欲求を指します。

 

生命の根本の欲求をを満たして安全な生活が満たされると、次に求めるのは社会的な欲求です。

 

「同じビジネスをやっている人をコミュニケーションをとりたい。」

「なにかのコミュニティに入りたい」

 

人間はグループとか集まりが好きなのは実はこの社会的欲求からなのです。

 

第4欲求 【尊厳欲求 (承認欲求)】

社会のつながりを得て社会的欲求が満たされると、次の欲求は承認欲求です。

「他人から認められたい」

「尊敬されたい」

 

自分の内面の欲求で自分を認めてもらいたいという欲求です。

 

この欲求が邪魔されると劣等感や無力感など自分に対する負の感情が生じます。

 

第5欲求 【自己実現欲求】

承認欲求が満たされると最後に欲しくなるのが自己実現欲求です。

自分の素質や能力を引き出し、創造的な活動がしたかったり、目標を自ら決めて達成するなど自分の完全な自己実現を果たしたいという欲求です。

 

「自分と同じように稼がせたい。」

「アフィリエイトに革命を起こしたい」

 

自分の世界観や人生観に基づいて、理想の自分になりたいと願う欲求です。

 

自己実現欲求は賞賛されたいとか認められたいとかの欲求がなく、単純に自己の実現のみを求めます。

 

自己実現欲求を達成できた人は少ないと言われていますが、最終的にはこの自己実現欲求の達成を目指したいところです。

 

マズローの欲求5段階説のまとめ

マズローの欲求5段階説、理解できましたか?

 

自分は今どの辺にいましたか。

 

意外と自分自身でもわからない部分が多いと思います。

定期的に自分の気持ちと対話をしてみることが大切です。

 

また、志を新たにしたい時などにマズローの欲求5段階説を活用してみてください。

 

また、自分が情報発信をするのにターゲットにしているのはどこにいる人達ですか?

それが分かれば、その人たちに向けて何を訴求していけばいいのかヒントが見えてきます。

 

分からずに適当なターゲットにしていてもあなたの情報発信は全く読者には届かないことになりかねませんので目安として活用してみてください。

 

 

LINE登録

 

 

メルマガ登録

⬆⬆⬆ 詳細は画像をクリック ⬆⬆⬆
無料のメルマガ登録はこちら

お問い合わせ

-ビジネススキル, ビジネスの法則

© 2020 Mailearn 〜enjoy slow life〜